車内のマナーとエチケットをみんなが守ることで快適な旅になるでしょう

格安バス.com

車内でのマナー

夜行バス内では音に気を付けよう

安い値段で利用できる夜行バスですが、利用する際はちゃんとマナーを守りましょう。特に騒音を出さないように周りに配慮をするのが大事になります。消灯後に眠れなくて、何かしたい方もいるでしょう。ですが、携帯音楽プレーヤーなどの音は自分が考えているより周囲に音が聞こえるので、ボリュームを下げましょう。また、携帯電話もマナーモードや電源を切って静かな状態を作ることです。

リクライニングシート

夜行バスは車内で睡眠を取るので、座席が深くリクライニングします。前席の人がシートを倒してしまったら、後席の人の足元の空間などが必然的に狭くなってしまいます。すぐにリクライニングしてリラックスしたい気持ちもありますが、車内が明るい消灯前はシートを浅く倒すだけに留めておくように心がけましょう。また、どうしてもリクライニングしたい場合は、後席の人に必ず一声かけるのがマナーになります。

読書灯の使用は最小限に

夜行バスでは消灯後でも自分の座席にある読書灯を使用することが出来ます。読書灯を使用しても問題はないですが、気になる人は気になってしまいます。そこで、夜行バスは睡眠中に目的地に向かうためのものだと考えて、読書などは出来るだけ短い時間で終わらせるように意識することです。長時間の使用は控えて、読書灯の使用は最小限にしましょう。

持ち込みの食べ物は無臭で

飲食を持ち込むことは可能となっていますが、持ち込む飲食物についても考えると周囲に迷惑をかけることはないですよ。食べ物の匂いなどは意外と車内に充満してしまいます。夜行バス内でニンニクなど強い食材が含まれている食事は控えるようにしましょう。また、みそ汁やスープなどの汁物も匂いとともにバスの揺れでこぼしやすくなっているので、持ち込まない方が良いです。

禁煙・禁酒

夜行バスのほとんどが禁煙と禁酒になっています。もし喫煙可能な夜行バスでも、空気が溜まりやすい車内では、周囲のトラブルを避ける意味でもタバコを吸うのはやめておくとよいです。喫煙者はトイレ休憩などでサービスエリアに入る際に行くと良いでしょう。また、お酒を持ち込んで飲み過ぎてしまうと、予期せぬトラブルが発生する可能性もあるので危険です。そのため、喫煙や飲酒は夜行バスを降りてから楽しむと良いでしょう。

広告募集中